業者にバンパーの塗装を依頼する場合

バンパーは自動車の前後に取り付けられた部品で柔らかいポリプロピレンと呼ばれる樹脂で作られたものです。役割としては前後の衝撃を和らげるというもので、自動車や乗員を守るだけでなくぶつかったり、ぶつけてきた相手のダメージも軽減することができます。このため傷が付きやすいのがバンパーになります。バンパーは傷つくものですが、綺麗にしたい場合には業者に依頼して塗装してもらうことがあります。ひどく破損している場合には交換した方が安くなりますが、それ以外は比較的直しやすいため鋼板で出来たボディを修理するよりも費用は安価な傾向にあります。また塗装も部分塗装と全塗装がありますが、右側だけといった場合には部分塗装で済ませることで費用を安くすることができます。

バンパーの役割と修理の費用について

自動車には前後にバンパーと呼ばれるパーツが取り付けられています。バンパーの役割としては、衝突したさいの衝撃を和らげることを目的としており、現在の自動車では樹脂製のものが使われています。使われる樹脂はポリプロピレンという素材であり非常に柔らかいものなので衝撃を十分に和らげることができるため自動車本体はもちろん乗員へのダメージを軽減することができますし、衝突した相手に対してのダメージも軽減することができます。前後に取り付けられる理由としては、もっとも衝突の可能性が高いためです。特に前方に付けられるフロントバンパーは傷が付きやすいため、よく修理の対象となりますが、鋼板で作られたボディなど比べると簡易な修理と塗装で直すことができるため費用も1万円程度で行ってくれるところもあります。

バンパー塗装を依頼するさいのポイント

修理としてバンパー塗装をしてもらうさいのポイントとしては、部分塗装か全塗装かの2種類があります。例えば右側の角だけをぶつけた場合には、そこだけを修理して部分塗装で済ませることで費用を抑えることができます。このさいに形を出さなければ行けない場合には、費用も3万円程度は必要ですが、小さなキズであれば1万円程度で行ってくれるところもあります。一方で部分塗装のデメリットとしては、その場所だけ色を塗ったような状態になることです。もちろんわからないように塗装をしますが、バンパーの汚れがひどい場合などには際立つケースがあります。また全体に傷がある場合には全塗装してもらう方が仕上がりも良くなりますし、安いところであれば4万円程度で行ってくれるところもあり、部分塗装よりも仕上がりが良いメリットがあります。